【安さで比較】浄水型・水道直結型ウォーターサーバーランキング5選!

浄水型ウォーターサーバーおすすめ5選

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

「浄水型のウォーターサーバーってどんなウォーターサーバー?」

「水道水じゃダメなの?」

「浄水型のメリットデメリットが知りたい」

浄水型ウォーターサーバーは、浄水器と宅配のよいところを掛け合わせたまったく新しいウォーターサーバーです。

水道水の安全が気になって、浄水器や宅配型のウォーターサーバーを利用している方が多いのではないでしょうか。

この記事では浄水器や宅配水から乗り換えたくなる浄水型ウォーターサーバーのメリット・デメリット、基本情報を解説します。

おすすめの浄水型ウォーターサーバーも紹介します!最後までご覧ください。

この記事で解決できる悩み
  • 浄水型ウォーターサーバーって何?
  • どのようなメリット、デメリットがある?
  • 浄水器や一般的なウォーターサーバーよりお得なの?
  • おすすめの浄水型ウォーターサーバー5選

今回紹介する中で料金の安い浄水型ウォーターサーバーは次の3つです!

Locca(ロッカ):月額 2,680円

出典:Locca(ロッカ)
POINT

宅配型ウォーターサーバーで有名なプレミアムウォーターと同じ会社。

月々の料金は、業界最安!

ピュレスト:月額 3,278円

ピュレスト:月額 3,278円〜
出典:ピュレスト
POINT

水道直結型のピュレストのお水は、選べる2タイプ。

工事ができない場合でも、タンクタイプのサーバーもあります。

>> 詳しいスペックはこちら

ハミングウォーター:月額 3,300円

出典:ハミングウォーター
POINT

浄水型ウォーターサーバー補充型の中で、累計販売台数No.1!

フィルターも1800L、1日10Lたっぷり使えます。

>> 詳しいスペックはこちら

浄水型ウォーターサーバーとは?補充型と直結型の2タイプ

浄水型ウォーターサーバーの種類は、2タイプです。

浄水型ウォーターサーバーの種類特徴
補充型ウォーターサーバー自分で水道水をくんで本体に補充する
直結型ウォーターサーバー水道管と本体をつないで、直接補充する
(工事が必要)

どちらも定額制なので、宅配型のウォーターサーバーよりお水代のコストを低くできます。

補充型・水道直結型共通のメリット

重たいボトル交換が不要

・半年に1度のフィルター交換だから手間いらず

・宅配型ウォーターサーバーより安い

補充型・直結型、それぞれのメリットデメリットを見ていきましょう。

補充型ウォーターサーバーのメリット・デメリット

補充型ウォーターサーバーのメリット・デメリット
メリット
  • 自分で水道水をくむタイプだからどこでも設置できる
  • 工事費用や手間がかからない
デメリット

・水道水を自分でくむ必要がある

工事不要で初期費用をかけず、手軽にウォーターサーバーを使いたい人・キッチン以外に設置したい人におすすめです。

水道直結型ウォーターサーバーのメリット・デメリット

水道直結型ウォーターサーバーのメリット・デメリット
メリット
  • 水道に直結させるから、お水をくむ必要がない
デメリット

・工事が必要で費用もかかる場合がある

・置き場所を自由に決められない

・断水時に使用できなくなる

沢山お水を使う予定で、キッチンにスペースを確保できる方におすすめです。

浄水型ウォーターサーバーのメリットデメリットをふまえた上で、宅配型ウォーターサーバーも比較したい方は次の記事をご覧ください。

実は日本の水道の安全基準は世界でもトップレベル

塩素消毒がほどこされているので、安心して飲めるお水です。(参考:厚生労働省「水道水質基準」)

しかし塩素消毒の際に生成されるトリハロメタンの危険性や水道管の老朽化により、心配の声があがっています。

集合住宅の屋上にある貯水タンクも、衛生面が不安という声もよく聞きますよね。

水道水自体は安全とされていますが、手放しに安心して飲める!とは言いがたい状況です。

ウォーターサーバーや浄水器を利用すると、体に有害な物質を取り除いてくれるので安心しておいしいお水が飲めるのです。

浄水型ウォーターサーバーにかかる5つの費用

浄水型ウォーターサーバーにかかる3つの費用

浄水型ウォーターサーバーのかかる費用は、宅配型とほとんど変わりません。

水道水を利用するため、水道代やフィルター代がかかります。

次の5つを見ていきましょう。

  1. レンタル代金
  2. 電気代
  3. 水道代
  4. フィルター代(通常無料)
  5. 工事費用(水道直結型の場合)

レンタル代金

レンタル代金

浄水型ウォーターサーバーは、本体のレンタル代金として毎月定額料金が発生します。

メーカーや機種にもよりますが、基本的に月々の支払はレンタル代金のみ

宅配型のウォーターサーバーでは、お水代+レンタル代金が一般的な月々の支払い金額になります。

たとえばハミングウォーターは月額3,300円の定額料金がレンタル代金です。

電気代

電気代

ウォーターサーバーは、温水・冷水にするためにどうしても電気代がかかります。

浄水型ウォーターサーバーは、エコモードで電気代をおさえる機種も用意されていますよ。

宅配型の中にはエコモードが搭載されていなかったり、ひと月1,000円を超えたりする機種もあります。浄水型ウォーターサーバーは、電気代が安いといえるのではないでしょうか。

メーカー名エコモード使用時
エブリィフレシャス約360円
ハミングウォーター約475円
ロッカ約500円
ウォータースタンド約500円
ピュレスト約800円

水道代

水道代

当たり前かもしれませんが、浄水型ウォーターサーバーは水道代がかかります。

ウォーターサーバー本体に水道からお水をくんだり、水道直結で補充するからです。

定額+水道水代だと、宅配型ウォーターサーバーのほうが安いのでは?と思いますよね。実は浄水型ウォーターサーバーのほうが、飲むほどにお得です!

浄水型ウォーターサーバーだけではなく、家庭用浄水器も水道水をろ過するアイテムの1つです。

下記の表で、ウォーターサーバーと家庭用浄水器のコストを比較しました。

1か月に48Lのお水を飲む場合

種類ひと月の料金フィルター交換
宅配型ウォーターサーバー6,566円
プレミアムウォーターマムクラブの場合)
なし
蛇口一体型浄水器
(浄水器本体価格:1〜6万円程度)
水道代9.6円
東京都水道局:平成26年度給水原価決算値より
1Lあたり0.2円で計算
2か月〜半年程度
(2,000〜5,000円)
浄水型ウォーターサーバー3,000円程度半年または1年
(基本的に無料)
※蛇口一体型の料金・フィルターの参考:
日本トリム公式サイト

コストパフォーマンスだけを見れば、ものによっては家庭用浄水器が1番安く済むかもしれません。

しかし家庭用浄水器は、比較的フィルター交換の周期が早いので手間が増えます。

浄水型ウォーターサーバーを選ぶと宅配型ウォーターサーバーの約半額で利用できますよ。

注意

ただしフィルターは総ろ過量が決まっている(メーカーごとに異なる)

ろ過量より多く飲むと、早めのフィルター交換が必要で追加料金がかかる

フィルター代(通常無料)

フィルターは半年または1年に1回の頻度で、無料交換できます。

メーカーごとにフィルターの「総ろ過量」が決まっているので、お水の使用量によってはフィルターの追加購入が必要です。

ハミングウォーターは半年で1,800Lのろ過量で、1日10Lの使用を想定しています。

ハミングウォーターのフィルター
  • 半年に1度のフィルター交換(無料)
  • ひと月300L以上使用すると追加でフィルター購入が必要
  • フィルターを追加購入する場合、10,890円(2本セット)

我が家はどれくらいのお水を飲むのか?およそ把握できていると、無駄なくフィルターを使えます!

家庭用浄水器のフィルターの総ろ過量も確認してみましょう。

例:クリンスイの場合

4か月に1回のフィルター交換が必要 

総ろ過量:1,500L

ひと月あたり:375L

1日あたり:12.5Lが目安

家庭用浄水器

家庭用浄水器クリンスイの除去率は80%の項目がほとんどでした。浄水型ウォーターサーバーのほうが除去率が高く、除去物質数が多いので、安心してお水が飲めます。

工事費用(水道直結型の場合)

工事費用(水道直結型の場合)

水道直結型は、水道とウォーターサーバーサーバー本体を繋ぐ工事が必要です。

費用はメーカーによって、月額のレンタル料金に含まれていたり初期費用として別途支払いが必要だったりします。

次に工事費用の一例をあげているので、参考にしてください。

メーカー名工事費用
ウォータースタンド0円(月々の定額料金に含まれている)
ピュレスト11,000円(セルフ取り付けの場合は初期費用として5,500円かかる)

原状回復が可能なので、賃貸も安心して設置できますよ。

宅配型・浄水型ともに電気代がかかり、最低利用期間や解約金がある点は共通しています。

宅配型と浄水型のそれぞれの特徴を見ていきましょう。

宅配型

・容量が大きい分、お水をくむ手間がない

天然水も選べるので、ミネラル分が豊富

・おもなボトルの大きさは12Lなので、交換が大変

浄水型

・宅配型のようなお水受け取りの必要がない

・水道水を利用するため、天然水は飲めない

・お水を本体に補充する手間がかかる(補充型)

・工事が必要(水道直結型)

よりお水の質にこだわりたい方は、天然水が選べる宅配型ウォーターサーバーがおすすめです。

人気!浄水型(補充型)ウォーターサーバーおすすめ3選

人気!浄水型(補充型)ウォーターサーバーおすすめ3選

浄水型ウォーターサーバーで人気があるのは、補充型です。

水道水をくむ手間がかかりますが、場所を気にせず手軽に始められます。

おすすめ3選を見ていきましょう!

ハミングウォーター「flows」

おすすめポイント
  • 水道水給水型ウォーターサーバー累計販売台数No.1受賞(〜2021年)
  • 料理にも使いやすい幅広トレイも標準装備
  • タッチパネルで迷わず操作できる
  • ボックスティッシュ約1個分のサイズ(業界最小)
月額料金3,300円
最低利用期間2年
水道工事なし
フィルター費用無料(追加注文:10,890円)
フィルター総ろ過量1,800L(1日あたり10L)
フィルター交換頻度6か月に1回
除去物質数26種類
使用できる温度冷水・常温水・温水
電気代約475円

ハミングウォーターは半年で1,800Lお水が使えるので、高いコストパフォーマンスが期待できます。

オートロックでボタンは高い位置にあるため、小さなお子さんがいても安心です。

初回請求時のみ出荷手数料2,200円(税込)が別途かかります。

\ 初月利用料金無料! /

エブリィフレシャス「tall・mini」

おすすめポイント
  • 【初期費用無料】出荷手数料もかからない
  • お部屋に合わせて選べる2タイプ(卓上・床置き)
  • 初月無料で、ずっと定額の3,300円
  • 6段階の温度設定だからさまざまなシーンに対応
月額料金3,300円
最低利用期間3年
水道の工事なし
フィルター費用無料(追加注文:1つあたり3,300円)
フィルター総ろ過量600L(1日3.3L)
フィルター交換頻度6か月に1回
除去物質数23種類
使用できる温度お湯・常温水・弱温水・冷水
電気代約360円

冷水・温水のほかにECO冷水・常温水・ECO温水・高温水が選べるので、用途に合わせたお水がすぐ使えます。

ウォーターサーバー内にUV機能搭載で、お水をきれいな状態に保ちます。

メンテナンスや訪問クリーニングも不要で、余計な負担も減りますね。

宅配型ではフレシャスが有名ですね。卓上型も選べるので場所を選びません。

\ 初月無料! /

Locca(ロッカ)「Slim-R」

Locca(ロッカ)
出典:ロッカ
おすすめポイント
  • 利用料金は業界最安値2,680円
  • スペースに合わせて選べる2タイプ(ロング・ショート)
  • キャンペーンも豊富でお得
  • 宅配水ウォーターサーバーで人気のプレミアムウォーターと同じ会社
月額料金2,680円
最低利用期間5年
水道工事なし
フィルター費用無料(追加注文:2,680円)
フィルター総ろ過量600L(1日3.3L)
フィルター交換頻度6か月に1回
除去物質数15種類
使用できる温度冷水・温水
電気代約500円
(ショートタイプは約635円)

初回登録事務手数料は3,300円(税込)がかかります。

LoccaにはPW家族割という独自のサービスがあります。

Loccaまたはプレミアムウォーターを利用している人が家族にいる場合、月額利用料金が2,480円になるお得なサービスです。

詳しくは公式サイトをご確認ください。

\ 新規申込キャンペーン実施中 /

あわせて読みたい

水道直結型ウォーターサーバーおすすめ2選

水道直結型ウォーターサーバーおすすめ2選

水道と本体を直接つないで利用する、水道直結型おすすめウォーターサーバー2選を紹介します。

工事が必要となると、なんだか不安に感じますよね。

今回紹介するウォーターサーバーでは、設置についての事前調査もしっかりおこなってくれるので安心です。

取付にかかる所要時間は30分〜1時間程度で、工事が済めばお水をくむ手間が省けて時短につながります。

ウォータースタンド「アイコン」

おすすめポイント
  • A4用紙よりコンパクトな幅で、キッチンのワークトップにもおける
  • シーンや目的に合わせて抽出量や温度が選べる(3分連続抽出も可能)
  • 6時間未使用状態が続くと、自動でUVクリーンが作動
  • 高機能&スタイリッシュで気分も高まる
月額料金4,400円
最低利用期間1年
水道工事あり
(レンタル料金に含まれるため無料)
フィルター費用無料(追加注文はできない)
フィルター総ろ過量1,800L(1日10L)
フィルター交換頻度半年に1回
除去物質数20種類
使用できる温度冷水・温水
電気代約500円

ウォータースタンドの機種アイコンは、動作や本体の状態をアナウンスしてくれるので操作も簡単です。

初期設置費は0円で工事費用がかからないのも、始めやすいメリットになります。

注意
  • ウォータースタンドは、基本的にフィルターの追加注文はできない
  • アイコンの場合、半年に1回と決められているため交換周期は早められない
  • 1日10L以内の利用におさめる

上記注意点は、ウォータースタンドに直接問い合わせて確認しました!

\ 工事費0円でスタートできる! /

ピュレスト

出典:ピュレスト
おすすめポイント
  • 用途に合わせて、お水のタイプを2種類から選べる
  • 浄水フィルターを3本使用して、水道水をじっくりろ過するからおいしい
  • タンクタイプならキャリーバック式でどこでも設置可能
月額料金3,278円〜
最低利用期間3年
水道工事なし
フィルター費用無料(追加注文:1本あたり3,300円)
フィルター総ろ過量1本3,600L(1日約6.67L)
除去物質数26種類
使用できる温度冷水・温水
電気代約800円

ピュレストは、ミネラルタイプ純水タイプから選べます。

  • ミネラルタイプ:水道水からミネラル分を残す安心でおいしいお水
  • 純粋タイプ:水の分子だけを通過させる逆浸透膜で安全なおいしいお水(RO水

設置場所の写真をもとに、工事ができるかどうか確認をしてくれます。

工事できない仕様の場合は、タンクタイプのウォーターサーバーも取り扱いがあるので安心してくださいね。

ピュレスト正規販売店に直接問い合わせました!フィルターは3本使用していてそれぞれ交換サイクルが違うため、ひと月あたり200Lの利用が可能とのことです。(本来の総ろ過量は3,600L)

\ 設置月無料キャンペーン中! /

あわせて読みたい

当サイトの編集ママが実際の店舗で取材!写真たっぷりでピュレストを調査しました!

【直接取材】ピュレストの魅力は?実際の使用感や注意点を徹底解説!

【まとめ】生活スタイルに合わせて浄水型ウォーターサーバーを選ぼう!

【まとめ】生活スタイルに合わせて浄水型ウォーターサーバーを選ぼう!

浄水型ウォーターサーバーは、水道水を利用した最新型のウォーターサーバーです。

宅配型のウォーターサーバーと比べると、月々のコストを安く済ませられます。

まとめ
  1. 浄水型ウォーターサーバーは定額でお水飲み放題
  2. 補充型と水道直結型がある
  3. 人気なのは補充型
  4. 水道直結型は、工事が必要となるがお水をくむ手間が省ける
  5. 天然水は飲めないが、水道水をおいしく浄水してくれる

今回紹介したおすすめの浄水型ウォーターサーバーは、次の5つです。

個人的には、工事不要の手軽に始められる補充型ウォーターサーバーをオススメします。

補充型ウォーターサーバー
水道直結型ウォーターサーバー

今回紹介した中で1番オススメしたいメーカーは、補充型のLoocaです。

Loccaはプレミアムウォーターが提供するウォーターサーバーで、人気もあり独自キャンペーンなども豊富です。

月々の料金も業界最安値の2,680円

大手メーカーで安心感もありますよね。

\今ならキャンペーン実施中/

水道直結型は最初の工事が済んでしまえば、補充の手間も省けてより時短につながるアイテムになりますよ。

ご自身の生活スタイルに合わせて補充型・水道直結型を選び、快適な生活を送りましょう!

浄水型ウォーターサーバーでよくある質問

浄水器型ウォーターサーバーのメリット・デメリットは?
浄水型ウォーターサーバーには2タイプあります。
それぞれのメリットデメリットは次のとおりです。

【補充型】
・ボトル交換の必要がいらないので、重たい思いをしなくて済む
・電源さえ確保すれば、どこでも設置できる
・水道水を補充する手間が増える

【水道直結型】
お水をくむ手間が省ける
・工事が必要で、水道管に近いところ(キッチン)に設置しなければいけない

>> オススメの補充型ウォーターサーバーを見る

>> オススメの水道直結型ウォーターサーバーを見る
浄水型ウォーターサーバーの平均的な電気代は?
使用環境によってことなりますが、当記事紹介のウォーターサーバーで平均すると約530円です。

【 浄水型ウォーターサーバー:ひと月の電気代 】

ハミングウォーター:475円
エブリイフレシャス:360円
Locca      :500円
ウォータースタンド:500円
ピュレスト    :800円

※公式サイトより引用しているため、使用条件はメーカーごとに若干ことなります。
(エコモード使用時)
宅配水と比べて水道水のウォーターサーバーのメリットは?
水道水を浄水して使うウォーターサーバーなので、宅配水に比べてコストを抑えられます。

・お水代が定額で割安
・交換の必要がない
・宅配の受け取りの必要がない
・お水の保管場所にスペースを取られずに済む

>> 浄水型ウォーターサーバーのメリット・デメリットを詳しく見る
家庭用浄水器とウォーターサーバーはどちらがいい?
生活の質を上げる観点からすると、浄水型ウォーターサーバーがおすすめです。

・温水、冷水が使えて時短につながる
・メーカーや機種によっては常温水や高温のお湯が利用できる

コスト面だけを考えると、家庭用浄水器のほうが安く済む場合もあります。
浄水型ウォーターサーバーは購入・レンタルどちらがいい?
レンタルがおすすめです。
数年間利用するとなると、機種本体のメンテナンスも必要になります。衛生面や機種の老朽化などを考慮し、最低利用期間を過ぎたら他のメーカーや新しい機種に乗り換えるのが良いです。